人生を変えるメンタルのお話

弱いメンタルの取扱説明書!
特徴、原因、克服方法を伝授します!

どうも~南部です!

今の世の中、かなり生きにくくないですか!?

僕はずっーと、

なぜ自分にはこんなに辛い事ばかり起こるのだろう?

なぜ皆、僕の気持ちを分かってくれないんだろう?

なぜ一生懸命に生きているのに人生が良くならないんだろう?


こんな事ばかり考えている非常にメンタルの弱い人間で、何か問題が起これば永遠と考え悩み、頭の中は同じ事がグルグル、グルグル回っていて人生が全く前へ進みませんでした(T_T)

それでも、自分の人生をなんとか変えたいという想いから学び続け、得ることができた気付きがありました。

この記事ではその”気付き”を、他のサイトには書かれていないような切り口で解説させていただきたいと思います!

アナタが探している”何か”を見つけるヒントとなれば幸いです!


1、そもそもメンタルとは?

フィジカル(身体・肉体)の対義語で、メンタルを日本語に訳すと心理面・精神面の事。

スポーツの世界で心技体という言葉がありますが、最初にが来るのはなぜでしょうか?

それだけ「心」が選手のパフォーマンスに及ぼす影響が大きなモノだからです。

昔のスポーツ選手は良いコーチの元で技を磨き、体作りをし、いかに結果を出せるかというスタイルでした。

それが今では、ほぼ全てのアスリートにはメンタルコーチが付く事は当たり前となっていて、精神面を強くする事はスポーツの業界では大きなテーマとなっています。

そしてこれはスポーツの世界だけではなく、仕事・恋愛・人間関係・料理・勉強・健康・日本文化・趣味等、どんな分野にでも共通する事なのです。

この「心」の取り扱い方次第でアナタの人生が

重くて、暗くて、冷たい人生になるのか、

軽くて、明るく、温かい人生になるのかが決まります。

メンタルについては義務教育の中で教えてもらえるわけではなく、目に見えるモノでも、数値で表せるモノでもないので、どう扱って良いのか分からず蔑ろにされがちですが、これほど人生にとって重要なモノはありません。

メンタルとは自分そのものとも言えます。

体が病気になったら熱や痛みが出たりと症状が現れますが、心が病気になっても症状が分かりにくいので普段から十分なケアをする必要があります。

心が病に犯されない為の対処方法も書かせていただきますので、日頃から心に気を向けて労わっていただけると嬉しいです。

2、メンタルが弱い人の特徴

心が弱い人は、性格、考え方、行動に偏った特徴が出ます。

ここではメンタルの弱い方の特徴をご紹介させていただきます!

ストレス耐性

「ガラスのハート」「豆腐メンタル」等と呼ばれていて、とにかく些細な事でも心に甚大なダメージを受けてしまいます。

僕のハートも同じで、心の防御力が極端に低いんです

例えるなら、周りの人達は甲冑を装備して現代社会という戦場で戦っているのに、自分は裸足に布切れ1枚を巻いて戦っているような状況で、もはや戦う以前に、ただ歩いているだけでそこら辺に転がっている石ころで怪我をするレベルです。

周りからの評価

メンタルが弱い人に多いのが、このやたらと周りの目を気にしてしまう事です。

「これを言えば周りからどう思われるのか?」
「失敗したらカッコ悪い」
「あの人に負けている」

自分がどうなりたいかが軸ではなく、周りからどう見られるかが軸となっていて、自分の自信の無さをブランドの服やイケてる車、家、肩書で補おうとします。

最終的には、誰もそんな自分に興味を持っていないという驚愕の事実が待っているのですが。。。

自分にしか興味がない

メンタルが弱い人は興味のベクトルが自分の方向だけを向いていて、相手の背景は一切気にしません。

関心事が”自分”へのみ向いている他人を全く見ていない状態なので、相手から自分に対しても興味を持ってもらえず、ここから悪循環が起こり被害妄想が加速していきます。

本来であれば他人を思いやる事で自分にも興味を持ってもらえ、周りの人達が自分の弱いメンタルを支えてくれるんですよね。

持続力がない

三日坊主。

何をやっても続かずセルフイメージがとても低い。

脳が”できない言い訳”を直ぐに考える思考パターンになっていて、新しい事を始めてもできない理由を他人や環境のせいにし自分の非を認めず、何も変わらない


執着心

気持ちを引きずりやすく切り替えるのが苦手

前の恋人の事を何年も忘れる事ができなかったり、昔の失敗をいつまでもクヨクヨと考え、過去の事ばかり考えているので、目の前の問題に注ぐべきエネルギーが無くなっていて、今の現状が残念な結果となっている事が多いですね。

依存症

この人のいう事を聞いておけば”答え”が見つかると思い込みやすい。

信じている先生が「これ良いですよ~」と言えば直ぐに買ってしまい、この時は財布のヒモがゆるゆるになる。

「やっぱりこの先生はちょっと違うな!」と思っても、また違う先生を探し彷徨い始める。

このルーティーンをひたすら繰り返し、時間とお金を消費する。

自分軸がなく、優柔不断で、最終的に周りに振り回される事になる

燃えていない

心が冷え切っているとマイナス思考に陥ります。

メンタルが強い人は何かに燃えていて、ちょっとしたネガティブな事があったとしても心の炎で邪魔なモノは全て燃やせてしまうのです。

また、心が冷えている人がいると周りの温度も下げてしまうので、属しているコミュニティにも悪影響を与えます。

3、メンタルが弱い人との接し方

ここでは少し立場を変えて、身近にいるメンタルが弱い人との接し方について解説させていただきます。

受容と傾聴

心が弱い方は言いたい事が言えなくて心の中に様々なゴミがたくさん溜まっています

ファーストステップはとにかく話を聞いてあげてください

話を聞いていて「それはちょっと違うよな~」と思ったとしても最初は受け入れてあげて、時間が経ち心の距離が近づいてから指摘を入れる。

プレパラートを扱っていると思って慎重にお願いします。

距離感

赤木リツコ博士(エヴァンゲリオン)の台詞で有名となったヤマアラシのジレンマ
元は精神分析学者のフロイトが作った例え話。

「ヤマアラシは一人では寒いから他のヤマアラシと引っ付いてお互いを温め合いたい、でも近くへ寄ると針が刺さって痛いから離れる、そうすると寒いからまた近付いて傷付く。」

メンタルが弱い人には特にこの心の距離感は気を付けてください。

人との関係を濃くしたいけど、近付きすぎて怪我をする事への恐怖心があります。

TPO

時(time)、場所(place)、場面(occasion)。

メンタルが弱いと言っても調子の善し悪しはあります。
僕の場合で言えば、基本的に体の慢性的な痛みの状況により、心の状態は変わってきてしまいます。

体の状態=心の状態なので
「体調が良い時はコレはできるけど、体調悪い時にコレは無理です。」
みたいな感じで周囲とルール作りをする事で人間関係が円滑に進みやすくなります。

可能性を信じる

「あなたは心が弱いから。」「あいつはいつも途中で諦める。」と周りからの言葉や思いは現実化されてしまうので注意が必要です。

心理学ではゴーレム効果と言って、実際に頭の良い子がいたとしても周りから「お前は頭が悪い」などのネガティブな言葉によって本当に頭が悪くなっていくというもの。

物理学の世界でもゴーレム効果と同じようには観測者効果といって、対象物を観測する事で影響を与えてしまう理論があるので、自分ではメンタルは強いと思っていたとして、周囲から散々「アナタは心が弱い」「アナタは心が弱い」と言い続けられたならば、それが素粒子の次元から世界が作られて現実となっていきます。

という事は、周囲の人達が「この子は可能性に満ち満ちているんだ!」という視点で見て接してあげれば本当にその子の可能性が引き出され、皆が幸せになっていくのです。

4、メンタルが弱い人に向いている仕事

今の世の中、メンタルが弱いからという理由で仕事をしないわけにはいきません。

ここではメンタルが弱い方へのオススメのお仕事をご紹介させていただきます。

ネットビジネス

僕が今もお世話になっている仕事スタイルです。

業種によっては人と全く関わらずに完結できてしまう職も多くあり、人と接するのが本当に苦手という方には合っています。

どのような職があるのか僕が今まで学んできたものを挙げておきます。

・せどり(国内物販)

・FX(為替取引)

・アフィリエイト

・物販(中国輸入)

・情報発信

・Youtuber

・クラウドソーシング

他にもありますが
、一応僕が学んできたモノを挙げておきました。

詳しくはまた別の記事で解説させていただきますね。

接客業

ネットビジネスから真逆に振れましたが、接客業がなぜオススメなのかと言うと、慣れてしまえばお客様からエネルギーをいただけるからです。

僕はネットビジネスで独立する前は美容師をしていて、人間関係や健康面で問題が多々あり大変な時期を過ごしてきましたが、そんな時期を乗り越えてこれたのはお客様という存在があったからですし、人としても成長させていただけました。

そして元々僕は人見知りで、人と話をするのは苦手だったところも美容師を通してどうすれば上手く人と関わっていけるのかという勉強もできたので、人との関わりを持つのが苦手という方には一度その今避けているテーマを乗り越えるためにも接客業は経験して欲しいなと思います。

情熱を注いできたモノ

これまで生きてきて、寝る間も惜しんでのめり込んできた何かはありますか?

幼年期・少年期にハマったものでも構いません。

○○さえできればお金なんて要らないし、むしろお金を払ってでもやりたい!」というような事です。

マンガ、テレビゲーム、ラジコン、人形遊び、プラモデル、切手集め、ポケモン、ワンピース、電車、ピアノ、野球、サッカー、お菓子作り、お洒落、探検、など

アナタが今まで情熱を燃やしてきた何かは、弱いメンタルに関係なく、周りの声や目線も気にならなくなり、ただ前を向いて突き進む事ができる天職となる可能性があります。

5、日本人のメンタルを弱くしている原因

縄文、弥生、鎌倉、室町、江戸、明治、大正、平成、令和と日本の時代は流れてきましたが、100年以上前の日本で鬱(うつ)による死亡者は文献では残っていません

鬱という言葉は無かったですし、昔の事なのでハッキリとした事実は分かりません、ですが今の日本では「日本総鬱社会」と言っても過言ではないほど、心を病んでいる日本人が増えてしまっています。

直近の統計では日本での自殺者は減っているようですが、心を病んでいる方は右肩上がりです。

今の日本で何が起きているのかをちょっと変わった観点から解説していきます!

衣・食・住

  • [衣]

前出の心技体のように、「衣食住」でも食や住よりが1番最初に来るのはなぜなのでしょうか?

衣服よりも明らかに「食」や「住」の方が重要だと僕は以前までは感じていましたが、衣類が体に与える影響について学んだところ納得できました。

まず経皮毒について簡単にお話をさせていただきます。

経皮毒は皮膚から体内へ取り込まれる有害物質の事で、食べ物から取り入れる毒素より皮膚から取り入れる毒素の方が体にとっては問題になるのです。

なぜなら口から摂取した毒は90%は排出されますが、皮膚から入った毒は直接血液へ入ってしまうので10%しか排出されないためです。

そして僕達が全く気付かずに常に毒を取り込んでいるのが「衣類」です。

今では当たり前となっている化繊(化学繊維)が実は体にかなりの負担をかけていて、体だけではなく心にも影響を与えているのです。

対策としては綿・絹・羊毛など自然の素材でできた物を身にまとう事で体の毒素が抜けていき心も穏やかになっていきます

  • [食]

これはあまり知られてはいませんが、メンタルに影響を与えている臓器があります。

もちろん人間は脳で物事を考えるので脳の影響は受けていますが、第2の脳と呼ばれている臓器があり、それはです。

脳腸相関という言葉があるように、脳と腸は繋がっていてお互いの情報をやり取りしています。でも、腸は脳からの指令が無くても独立して活動する事もできるのです。

さらに言うと、脳へ指令を出しているのが腸という説もあるほどで、
最新の研究では、心の状態と腸の状態はリンクしていて、例えば大震災の前と後、宇宙飛行の前と後では腸内にいる微生物の種類がガラっと変わってしまうと言います。

これを逆に考えると、腸内環境を良くする事で自閉症やうつ病、イライラ、強迫観念、怒り、倦怠感を改善する事も可能という事になるのです。

腸内細菌を総入れ替えすると全く別の性格になるという実験結果もあるぐらいなので腸内環境が僕達にもたらす影響は計り知れません。

  • [住]

家がどのように僕らの心へ影響するのか、これは色々と要素はありますが、ここでは部屋の状態と心の状態についてお話させていただきます。

部屋の状態=心の状態とよく言われていたりします。

これは本当にその通りだなと思っていて、なぜかと言うと、よくテレビとかでゴミ屋敷の特集とか放送されていると思いますが、あぁいった番組でインタビューを聞いていると、その住人の方に何かしら影があるというか、「何かを溜め込んでらっしゃるんだろうな~」と感じたりしませんか?

まさに心の状態がそのまま現象化してゴミ屋敷になっているという分かりやすい例だと思います。

今は百均などへ行けば手軽に色んな物が手に入ってしまい、家が物で溢れかえりやすくなっているので少し油断をすれば直ぐに部屋が汚くなってしまいます。

部屋と心は繋がっているのだと常に思って、物を溜めない工夫をすると自然と心の中がスッキリと調っていくのを体感していただけるのでオススメです。

資本主義

「資本主義?どういう事?」と思うかもしれませんが、戦後の日本では「お金が1番大事!」という価値観になってしまい、実はコレが結構厄介な問題を起こしています。

例えば、江戸時代の武士のお給料は現在の貨幣価値にしていくらぐらいか分かりますか?


答えは月給7万円です。


高校生のバイト代の方が高いんではないかと思うぐらい安いですよね。

でも、なんで当時の武士はこんなにも安い賃金でも武士をしていたのかと言うと、武士は誇りを持っていたからで、武士でいられる事に価値があったのです。

武士という役割に生きていたからこそ「ボロは着てても心は錦」「武士は食わねど高楊枝」という諺(ことわざ)があるようにお金や物への優先順位が低かったのです。

当然、「拙者は金を稼ぎ、デカい城を建て、豪遊するでござる!」なんて武士はいませんでした。

ところが今では、お金や物を持っている人の方が偉いと思われ、上の層の人達に全てが集まり魅力的に見えてしまい、満足に持っていない人はお金持ちへの嫉妬心・劣等感などで心が病んでいってしまい人生があらぬ方向へ行ってしまうのです

インターネット

今や切っても切り離せないンターネットも日本人の心を蝕んでいる原因の1つです。

便利な反面、僕達の精神に多大なダメージを与えてしまっているインターネットは、例えばヤフーニュースをただ開くだけでも流れ込んでくる圧倒的な情報によって、僕らの脳の情報処理が追い付かず常にフル回転で悲鳴を上げてしまっています。

現代の日本人が1日で得る情報量」=「江戸時代の人が一生で得る情報量

と言われていて、昔の人は肚で物事を考えていたのが今では知識・情報の過多によって頭ばかりで考えるようになり、自分の軸がハッキリせずに「自分は何の為に生まれてきたのだろう?」「本当にやりたい事は何なのだろう?」と考え、自分探しの旅と言いつつ海外へ留学する人が増えてしまっています。

また、ネット上にはネガティブな情報が多く、人はネガティブな情報に触れると自分も同じような感情になりやすく簡単に感応してしまい、直ぐに心がBADになるので安易なネットサーフィンも注意が必要ですね。

姿勢

心が弱い人は姿勢も悪い

仏教の教えに心は形を求め、形は心をすすめるという言葉があり、心は形を持たないけど行動や所作という目に見えるモノを変える事で心を調える事ができると言う意味です。

背中をピンと張り、胸を張る生活が習慣化されれば自然と自信が湧いてきて人生が変わるのです

6、弱いメンタルを変える4つの克服方法

脳内の掃除

メンタルが弱い原因に、あれこれと頭の中で考え過ぎている事が多々あるので、脳内情報の掃除と整理していきましょう。

まずはブレインダンプをして脳内の情報を出します。

ブレインダンプは、脳(Brain)+放出する(Dump)の意味で、脳の大掃除と言われます。

白い紙とペンを用意して、自分が悩んでいる問題に対して何でもいいので全てを書き出していって下さい。

・問題点
・悩み
・今の気持ち
・過去のトラウマ
・目標
・目的
・人間関係


等、どんな些細な事でも大丈夫なので全てを出し尽くす感じです。

「もう何も出てこない!」と思った所がスタートです、頭の中が完全に0になるまで出し続けて下さい。

全て出し切ったら、第三者の視点でそのノートを眺め、内容をまとめながらアドバイスをしていってあげて下さい。

自分を客観的に見えるので今するべき課題が浮き彫りになります。


次に、抱えている問題について誰かに話を聞いてもらい、その音声を録音してみてましょう。
相手に相談に乗ってもらうのではなく問題について語るのを聞いてもらいうだけです。

相手がいなければボイスレコーダーや、スマホのボイスメモを使って1人でその問題について語ってみて下さい、話をしている内に自分では思いも付かなかったアイデアが湧いてきたり、突然閃いたりするので結構面白いですよ。

これは話をする事で、情報が立体的に組み立てられていって自分が頭の中だけでは思い付かなかったアイデアが出てきてくれるので、後から音声を聴くと「へぇ~、こんな考え方もあったのか~」と、自分が話した事なのにその内容で問題が解決する事があります。

環境を変える

人は自分が思っている以上に身近な人や物の影響を強く受けています。 

とくに1番強い影響を受けるのが両親です。

実家から出ていて「自分は自立している!」と思っていても精神的にはまだまだ依存している場合や、親が自分の支配下に置けるようにと共依存関係を作ってしまっている場合もあって、依存状態だと甘えが生じ、メンタルを強くしようとしても辛くなると途中で逃げ出してしまうので、家庭の事情でどうしても家を出れないという状況以外はまず実家を出て一人暮らしから始めてみましょう


同時に友人や職場の人間関係も見直してください。

いくら仲が良くても一緒にいてネガティブな話題ばかりの時はその人とは距離を取って、最初は居心地が悪かったとしても前向きな方と一緒に過ごせる時間を少しでも増やす努力をし、自分の中の価値基準を上げてみて下さい。


最後は情報の断捨離を行います。
情報の断捨離とは、例えばヤフーニュース等のニュースサイトを開けないようにするという事です。

ネット上では自分で何か目的を持って調べない限り、情報が自動的に垂れ流されてきてしまい、こういった情報は事件・事故・スキャンダルといった基本ネガティブなものばかりなので、何も気にせずに浴び続けていると知らず知らずの間に自分の感情がそちら側へ持っていかれ、知らない間に自分もネガティブな人間になってしまうのです

成功体験

メンタルが弱い原因に、甘やかされて育ったという要因があります。

今まで温室のぬくぬくの環境下で生きてきた為、1度挫折をすると立ち直れなかったり臆病になったりとケースは様々ですが、とにかく最初は本当に小さな成功でも良いでの自己評価を上げる為、何かを継続する事です。

例えば、「毎朝10キロのランニングを習慣にする」という目標があったとして、初日からいきなり10キロを走ろうとしてもハードルが高過ぎて3日も持たないでしょう。

なので、まず初日は「朝のランニングの為に5時に起きた。」
これだけでOKです。
走らなくても良いんです

1週間は早起きだけを続けて、
次の1週間は「朝のランニングの為に5時に起きてストレッチをした。」
ここも走る必要はありません。ストレッチできてたらOK

さらに次の1週間は
「朝のランニングの為に5時に起きストレッチをし家の周りを1周歩いた。」
まだ走っていませんが、これでOK

このハードルを無理せず少しずつ上げていって、体に習慣を馴染ませ当たり前の感覚をインスト―ルしていってください。

これは潜在意識の書き換えを行っているので習慣化されやすく、気が付いたら毎朝10キロ走らずにはいられない、むしろ走らないと気持ち悪いぐらいの自分になっているはずです!

利他的精神

メンタルが弱いのは自分の事しか考えていないから落ち込むのであって、誰かの為に頑張れば落ち込んでいる暇は無く、そんな人は周りからも応援され、不思議と神がかった閃きが起こります。

自分の幸せの為に生きていても限界がすぐ来てしまいますが、誰かの幸せの為に頑張るとリミッターが解除されエネルギーが満ち溢れ、自分1人の為に生きていた時には味わえないような幸福感・充実感を味わうことができます

世界のパナソニックを創った松下幸之助さんも、1番最初は自分自身のお母さまを楽にさせてあげたいという想いから始まり、「日本中の母親の家事を楽にし、家事から開放してあげたい。」という大きな夢へと発展する中で松下電器産業を興されたのです。

しかも、松下さんは元々体が弱く、会社が大きくなってからも病床から指示を出しながら会社経営をされました。

何か人生を賭けて到達したい大きなゴールを持ち、そこへマグマのような情熱を持って突き進んでいけばメンタルが弱い人などこの世から1人もいなくなります。

7、最後に

弱いメンタルについてここまで書かせていただきました。

何かヒントになるものはあったでしょうか?

もしこの記事を読む事でアナタの心を弱くしてしまっている原因や、これからどうやって自分の心と向き合っていくかのヒントが見つかり、アナタの人生が進み始めるきっかけとなれば幸いです。

こちらの記事で質問や疑問点があれば下に設置させていただいている問い合わせフォームよりメッセージをお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。





 

ABOUT ME
南部 弘和
はじめまして、管理人の南部と申します! 今までビジネスセミナー、自己啓発、美容院経営、国内物販、輸入業、仮想通貨、FX、MLMなどへ1000万円以上投資し、お金があれば幸せになれると思い生活してきました。でも、僕の求める本当の幸せとは何か違うと違和感を感じていた時に、今学ばせていただいている新田祐士さんと出会う事ができ、もっと深い学びをするため、古神道・心理学・脳科学・量子力学・歴史・武学・武士道・茶道・健康・体癖・医学・コピーライティングなどを今は勉強しています。今までの失敗談、学んだ内容や得た気付きをシェアさせていただくことで、皆さんと共に成長し、本当の意味での成功を手に入れ、より良い世の中にしていけるようなブログにしたいと思っています! よろしくお願いします!