漫画で紐解く成功法則

【スラムダンク】湘北バスケ部から学ぶ最強のチームビルディング!

どうも、南部です!

スラムダンクって読んだ事ありますか?

日本人のほとんどの方が読んだ事があるかと(僕は)思っていますが、もしっ!もしっ!!読んだ事がないという方は今すぐAmazonで【スラムダンク全巻セット】をポチっとしてください!!!

こんなに面白いバスケ漫画はもうこの世に出ないと思います。


そんな漫画スラムダンクで今回はチームビルディング(チーム作り)についてお話させていただきます!

SLAMDUNKとの出会い

参照: Twitter

本題に入る前に僕とSLAMDUNKとの馴れ初めについてちょこっとだけ書かせていただきますm(_ _)m
(興味ない方はサァーーっと飛ばして行ってください)

このスラムダンクは僕が中学生の時に大流行していて、当時全国各地で過去最高の入部者数を記録したと言われる程、バスケ部が超人気となり僕もご多分に漏れずバスケ部に入部したのですが、顧問の先生がバスケ未経験者という事もあって本気で超弱小チームでした。
まぁそれなりに楽しく活動できたので良かったですが。。
(バスケの先生需要が多すぎて、先生の供給が追い付かなかったんでしょうね)

そして、僕は何故か先生から「3Pシュートを中心に練習しろ!」とお達しが下り、毎日練習が終わってから体育館が閉まるまで3Pの練習をし続けました。

自分としては「3Pシューターだし、スラムダンクのキャラで言えば三井寿だな~」とちょっと酔ってましたが、今思い返せばヒョロヒョロだったし体型的にもキャラ的にも完全に宮益でした(笑)

あんまり僕の昔話をしてもアレなので、これぐらいにして本題に入ります。

あらすじ

参照:Twitter

スラムダンクは主役が桜木花道という不良の高校生。
湘北高校へ通っていて、バスケは初心者ですが何だかんだあり、バスケ部へ入部し全国制覇を目指すストーリー。
(恐ろしいぐらい簡単に言うと)

チームビルディングとは?

チームビルディングとは、「一人では到底成し遂げられない大きな目的や目標達成のため、個々人のスキル、能力、経験を最大限に発揮できるチーム作りの事」

さらにネットでチームビルディングに必要な事について調べてみると

・リソースマネジメントの最適化
・タイムマネジメントスキル
・タレントマネジメント
・タックマンモデル
・メンバー同士の相互理解や信頼関係、一体感
・チームの生産性向上
・心理的安全性
・他者認識力
・質問力
・課題解決力

など、
「ちょっと何言ってるか分からない」とサンドウィッチマンみたいになるカタカナや漢字がいっぱい出てきたのでもっと簡潔に3点にまとめてみます!

チームビルディングに必要な3つのポイント

スペシャリスト

人には得手、不得手がありますが、短所を探し始めたら永遠に出て来るのではないかと思うぐらい目に付きませんか?

チームを作る上で大切なのは逆で、今いるメンバーの長所を見つけ存分に発揮させてあげる事です。


湘北のメンバーで言えば、

ゴリはスピードは無く、ゴールから離れると良さが出ないけど全国レベルのパワーを持っていてゴール下はめちゃ強い

桜木はドリブルやパスは標準レベルだけど、リバウンドの一点で天才的な能力を持っている。

流川は中学時代から才能が開花したオールラウンドプレーヤーだけど、清田に「天上天下唯我独尊男」と言われるほど自力に偏る性格で、自分の限界を感じる。

宮城は身長が低くバスケットという競技に恵まれた体格とは言えないけど、スピードとテクニックはトップレベル

三井は中学時代にMVPを取るほどの選手だったのに高校で色々あり、一時期やさぐれてしまい体力面がウィークポイント、でも3Pシューターの正確さ、バスケットの才能とセンス、そして根性は抜群

こんな感じで何か人より秀でたポイントがあれば、そこを存分に活かし、短所は他の得意なメンバーにお願いする、

「自分の短所は他の誰かがカバーしてくれる」という安心感があると、より自分の得意分野に集中する事ができ才能を遺憾なく発揮し、最終的に奇跡的な結果を得れるのではないかと思います。

これを仕事や何かのコミュニティに例えるなら、その人が苦手な仕事をあの手やこの手を使い、どれだけモチベーションを上げたとしても無理に上げたモノは自然の摂理に従い元に戻ってしまいます。

という事は、得意な事をヒアリングするなどで見つけ、その部署へ移動させてあげる事の方が誰にとっても有利に働きエネルギーが循環し始めます。

あと結構、得意な事とかって自分では分からない事があるので、無目的にお茶をしたりしてリラックスした時にその人の才能が垣間見えたりするので、かしこまった感じではなく軽い感じでお茶の時間を取るのはオススメですね。

ゴール設定

湘北高校バスケ部は皆あまり仲が良くなく、団結という言葉からはかけ離れたバラバラなチームに見えますが、なぜ最後にはあの歴代最強と言われる山王工業に勝つ事ができたのか?


とりあえず湘北メンバーがそれぞれ持つ目標を見てみると、

桜木➡「天才バスケットマン桜木」
流川➡「日本一のバスケットプレイヤー」
宮城➡「NO.1ガードになる」
三井➡「安西先生への恩返し」

そしてゴリが「全国制覇」。

一見バラバラに見える個人のゴールも全てはゴリが持つ全国制覇の夢の1点に集約されていて、この全国制覇を会社の理念だと考えれば、自分がやりたい事と会社がやりたい事が一致し、主体性を持って行動でき勝手に会社は大きくなっていく事が分かります。

この主体性ってすっごく大切で、「〇〇しなければならない」ってHAVE TOの気持ちで体を動かしても人間の筋肉は能力を100%発揮できないと科学で証明されていて、
逆に「〇〇したい」さらには「●●さんの為に、〇〇したい」とWANT TOで思うようになると筋肉は潜在能力を発揮して、想定以上の動きをしてくれるんですよね。

これってワンピースでも同じで、ルフィが「俺は海賊王になる!!!」って言ってますが、結局他のクルーの夢もルフィーの想いの上に乗っていて

ゾロは世界一の剣豪になる事
サンジは伝説のオールブルーを見つける事
ナミは自分の目で見た世界中の海図を書く事
     ・
     ・
     ・

みたいに、リーダーの志や理念と仲間の夢が同じ線上にあるとそのチームは迷いなく突き進む事ができ、とてつもない推進力を得る事ができるのです。

その夢が皆が応援したくなるような目標ならなおさらです、
もし今この記事を読まれているあなたがコミュニティのリーダーであれば、皆が1つとなって進んでいける理念を持ってみてはいかがでしょうか?

タイミング

【幸運の女神は前髪しかない】ってよく聞きますが、実際いたら完全にホラーですよね(´Д`)

でも言ってる事はすごい分かります!
絶好のタイミングでビッグチャンスが来てるのに自分の準備ができていなかったら、せっかくの機会も意味がないですし。

ゴリも3年間腐らず全国制覇の夢のために必死で努力してきていたからこそ、最強のメンバーが揃ったあのタイミングで波に乗れました。
もしゴリが高校2年まで「全国制覇はしてみたいけど湘北では絶対無理だな、小暮!」ってセルフイメージ低い感じだったら、才能溢れる仲間が集まっても神奈川地区予選すら突破できていなかったと思います。

何事も準備が9割と言われていて、絶好のタイミングが訪れるその一瞬までが勝負。
という事は、明日何が起こってもいいように日常をいかに過ごしているかがチームビルディングの最低条件だと言えますね。


メインキャラクター(湘北のみ)

最後にスラムダンクのメインキャラだけ軽く紹介しておきます!

最近知った事なのですが、スラムダンクのキャラクターって実際モデルになったNBAのプレイヤーがいたという事で一緒に載せておきますね!

桜木花道 ※主役

・湘北高校1年7組
・身長188㎝体重83㎏
・4月1日生まれ
・赤い髪が特徴
・ポジションは「パワーフォワード」、背番号は「10」
・モデルはデニス ロッドマン

元々、中学時代は地元で有名な不良でしたが、一目惚れした赤木晴子に勧められたことでバスケット未経験ながらもバスケットを始め、恵まれた体格と驚異的な身体能力、そして持ち前のガムシャラさで誰も想像しえなかった程の成長をしていきます。

シュートやドリブル、パスなどの技術は未熟です、それでもリバウンドに関してだけは天才的な能力を発揮、バスケ歴僅か4ヶ月で一躍全国区に。

褒められると直ぐその気になるお調子者、負けず嫌いで頭に血が上りやすい性格、無作法かつ傍若無人等、問題をよく起こしていましたが、バスケットを通じて人としても成長していきます。

赤城剛憲(ゴリ)

・湘北高校3年6組
・身長197㎝体重93㎏
・5月10日生まれ
・通称「ゴリ」
・ポジションは「センター」、背番号「4番」
・湘北バスケ部主将
・モデルはデビット ロビンソン

「ゴール下のキングコング」の異名を持つ名プレイヤー、湘北バスケ部の大黒柱。
バスケット愛は凄まじいものがあるが、強豪校には入学できず花道や流川たちが入部するまではチームメイトに恵まれず、脚光を浴びる機会はあまりありませんでした。

3年になってからはその実力が他校からも認められるようになり、バスケの名門大学から推薦の話も来るようになる。

パワー溢れるプレイスタイルで花道からは「ゴリ」と呼ばれています。
外見は全く似てないけど、本作品のヒロイン赤木晴子の兄です。


流川楓

・湘北高校1年10組
・身長187㎝体重75㎏
・1月1日生まれ
・花道と同級生の天才ルーキー
・ポジションは「スモールフォワード」、背番号は「10」番から「11」番へ
・モデルはマイケル ジョーダン

中学時代からバスケット界で有名なスタープレイヤーで、花道とは「終生のライバル」で犬猿の仲、花道の事を「どあほう」と呼んでいる。
親衛隊がいるほど女子からの人気があり湘北高校女生徒の憧れの的。

中学時代から天才的なバスケの才能に注目されていて、強豪の陵南高校からスカウトの声がかかるほど。
でも「家から近い」という理由で湘北高校に入学。

湘北バスケ部へ入部当初からエースとして大活躍。
溢れるほどの才能ゆえ自己中なプレイに走ることもあるけど花道と同じように湘北高校バスケ部でその才能をさらに覚醒させていく。

バスケ以外の時間は常に眠そう。

宮城リョータ

・湘北高校2年1組
・身長168㎝体重59㎏
・7月31日生まれ
・バスケの実力は神奈川県内でもトツプクラス
・ポジションは「ポイントガード」、背番号は「7」番から「4」番へ
・モデルはケビン ジョンソン

バスケット選手としては体格に恵まれず小柄ながら、スピードとテクニックが最大の武器で 「湘北の切り込み隊長」 と呼ばれている。
湘北バスケ部で随一のスピードを持っている実力者。

パーマでツーブロックヘアー、そしてピアスが特徴。

マネージャーの彩子に片思い中。

三井寿

・湘北バスケ部3年3組
・身長184㎝体重70㎏
・5月22日生まれ
・中学時代は神奈川県大会の最優秀選手に選ばれた天才シューター
・ポジションは「シューティングガード」、背番号は「14」
・モデルはマーク プライス

全中神奈川県大会の決勝で安西先生からもらった一言で、安西を慕い湘北高校に進学。
高校入学後、怪我とゴリの活躍でやさぐれ不良となるもバスケットへの熱意を捨てきれず、安西先生に再会しバスケ部に復帰。

バスケから離れていた時期が長くブランクがあるため体力がなく、ゲーム中にスタミナ切れを起こす事がある。

根性は人一倍。

小暮公延

出典:NAVER

・湘北高校1年3組→3年6組
・身長178cm体重62kg
・7月12日生まれ
・湘北バスケ部副主将
・ポジションは「 スモールフォワード」、背番号は「5」
・モデルはジョン パクソン

常に眼鏡を着用していて桜木軍団からは「メガネ君」と呼ばれている。
3年のバスケット部でスタメンと比べると実力は劣るが非常に努力家。
温厚で柔和な性格で 花道の良き理解者。
湘北高校ではゴリ以外でバスケ部に残った唯一の同級生で、北村中学時代からの親友。
ゴリの全国制覇への熱い想いを知る人物。

メガネを外すと結構イケメン。 (上から目線)

安西先生

出典:Twitter

・本名:安西光義
・湘北高校バスケ部の監督
・元全日本バスケット選手


高校で監督をする前は、大学でバスケットを非常に厳しく教えていて「ホワイトヘアードデビル」(白髪鬼)として恐れられていたが、ある事件がきっかけで性格が非常に温厚で物腰も柔らかくなり「ホワイトヘアードブッダ」(白髪仏)と呼ばれるようになった。

バスケ界では有名な監督で、他校の監督からは「先生」「猛将」「勝負師」など呼ばれている。

花道は「オヤジ」と呼んでいる。

何かあると花道に二重あごをタプタプされる。

まとめ

スラムダンクから学ぶチームビルディングについて書かせていただきましたが、今回解説させていただいたのは、ほんの一側面だけです。

スラムダンクはただの少年漫画という枠には留まらない、人生の教科書としても使える非常に汎用性の高い内容なので何年かに一度は読み直してみても新たな気付きが得れるのではないかと思います。

僕もこうやって記事を書いていてまた読み直したくなってきました(笑)

まだ読まれた事のない方は抵抗はあるかもしれませんが、騙されたと思って読んでみてください!
今後の人生の幅が広がるのは確実です!!


それでは最後までお読みいただきありがとうございました。


ABOUT ME
南部 弘和
はじめまして、管理人の南部と申します! 今までビジネスセミナー、自己啓発、美容院経営、国内物販、輸入業、仮想通貨、FX、MLMなどへ1000万円以上投資し、お金があれば幸せになれると思い生活してきました。でも、僕の求める本当の幸せとは何か違うと違和感を感じていた時に、今学ばせていただいている新田祐士さんと出会う事ができ、もっと深い学びをするため、古神道・心理学・脳科学・量子力学・歴史・武学・武士道・茶道・健康・体癖・医学・コピーライティングなどを今は勉強しています。今までの失敗談、学んだ内容や得た気付きをシェアさせていただくことで、皆さんと共に成長し、本当の意味での成功を手に入れ、より良い世の中にしていけるようなブログにしたいと思っています! よろしくお願いします!