健康オタク部屋

【体が痛い方へ】体の痛みを改善できる478呼吸法

こんにちは、ナンブです!

今回は体の痛みを改善させる「478呼吸法」をご紹介させていただきます!

 

【体が痛い方へ】体の痛みを改善する呼吸方法こんにちは、ナンブです! 今回は寝ている間の呼吸の量を増やして、腰痛などを改善する方法をご紹介させていただきます! 前回は「...

 

●478呼吸法とは?

そもそも「478呼吸法」とは何なのか?というところからお話させていただくと、

アメリカの著名な健康指導者であるアリゾナ州立大学のアンドルー・ワイル博士が提唱している呼吸法です!

著書「癒やす心、治す力」がベストセラーになっていて、日本のネット上では

「1分以内に眠りに落ちることができた!」

「不眠症が解消された!」

など、紹介されていて話題となっています( ゚Д゚)

 

●478呼吸法のやり方

ではここからは詳しいやり方をお話させていただきます!

と言ってもやり方はとても簡単で、

①まず息をゆっくり口から吐き出します。

※この時にヒューっと息の音を立てるのがポイント。

②口を閉じ、4秒かけて鼻から息を吸う。

③7秒間息をとめる。

④8秒かけて口から息を吐き出す。

※この時も息の音がヒューっと聞きこえるように。

⑤ ②~④を4セットする。

たったこれだけです(^O^)/

 

※動画はこちらからご視聴いただけますが、

英語ですm(__)m

 

●どんな変化が起こるのか?

実際寝る前にやってみると本当に眠りの谷にゆっくり転がり落ちていく感じになり、

僕の場合、4セットする前に寝てしまいます(-_-)zzz

友人にも勧めてやってもらったところ、やっぱり

「途中で寝てしまったわ~」

と言っていました!

 

ネット上でも、

「この呼吸法を試すとまるで鎮痛剤を飲んだような気分になる。」

「心拍数が少なくなり、心がおだやかになって、体全体がリラックスしてくる。」

「セット数を覚えていないぐらいコトンと寝てしまう。」

「つい今しがたまで意識があったのに、次に覚えているのはハッと目覚めた瞬間だった。」

「麻酔の感覚に似ている。」

などと書かれています!

これらの感想は僕もまったく同意見です(^o^)丿

 

●呼吸法の仕組み

なぜ478呼吸法を実践するとこんなにもストンと寝てしまうのかは体の仕組みにあります。

ストレスや不安にさらされている人は長い間、息をひそめている状態にあります。

ストレスが原因で呼吸が短く浅くなるため、無意識のうちに呼吸がしっかりできなくなります。

『4』
4秒カウントしながら息を吸うと取り込む酸素量が増える。

『7』
7秒息をとめることで、酸素が血流に影響を与える時間ができる。

『8』
8秒かけて吐き出すとことで、肺から二酸化炭素がしっかり出される。

 

この結果、心拍を抑え血流の酸素量を増やす為に頭が少し朦朧とした気分になって穏やかな鎮静剤効果を生み、結果的に体の痛みも癒されるという事です。

 

長い研究の結果考えられた

「478呼吸法」

一度試してみてはいかがでしょうか?

 

PS.
寝る前以外でも大事なプレゼンの前や試験の前など

リラックスしたい時に軽くやってみると本番で集中力がUPするのでコチラも是非やってみてください!

 

478呼吸法で読者さんが少しでもリラックスでき心が軽く、明るくなり、より豊かな人生を歩むキッカケとなれば幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
南部
はじめまして、南部です。 本業は雑貨ブランドのオーナーですが、体癖やボディワークを使い、性格診断、コミュニケーション能力の改善、免疫力UP、禅法によるチャクラ活性化など、皆さんの人生を楽にするお手伝いもさせていただいております。 このブログでは、どうせいつか死ぬなら、生きている内に今まで学んできた事を発信した方が少しでも世の中良くなるかなと思い、体癖、体術、ビジネス、古神道、歴史、帝王学、自律医療、心理学など、僕の今までの経験や人生がより面白くなる情報を発信中です。  ◆プロフィール◆  子供の頃からイジメ、うつ病、兄の自殺、セクハラ、パワハラ、事業失敗、闘病生活とか色々経験して死にかけた人です。 「なんで自分の人生ってこんなにも嫌な事ばかり起こるんだ?」と絶望していましたが、 今までの闇の経験は、自分と同じような悩みを持たれている方に役立てていただく事だと気付き、 体癖、体術、ビジネス、帝王学、古神道、心理学、自律医療、歴史など 楽に生きる為に20年以上学んできたノウハウや技術を発信中。 ビジネスも色々やってきて紆余曲折あり、2020年の感染症をキッカケにまた売上も減り大変な時期で現在立て直し中ですが、 本当に経営者にとっても、お勤めされている方にとっても辛い時ですので、一緒に頑張っていきましょぉ!!